drupalとは?

ユーザー fullbright の写真
drupalとは?

多言語サイト構築に最適なCMS

drupalは多言語サイト構築に最適なCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。グローバルマーケティングの強い味方です。ドゥルーパルまたはドルーパルと読みます。私の周辺ではドゥルーパルと皆呼んでいます。

CMSと聞いて、Wordpressみたいなやつですか?と良く聞かれます。

答えはイエスですが、ここでは答えを急がないことにします。「ノー」というのも、もう一つの答えになり得るからです。

一般にdrupalは大手企業や官公庁などで使われるエンタープライズ向けCMS、Wordpressは個人ブログから大手企業までという感じで、住み分け・競合している感じです。

CMSですから、Wordpress同様、HTMLやphpを書けなくても、誰でも簡単にサイトの更新ができます。そういう意味では紛れもなく答えはイエスです。

このサイトはdrupalですが、wordpressでほとんど同じサイトを作ることも可能です。逆も然りで、wordpressからdrupalに乗り換え・リプレースすることも可能です。更新のしやすさも同じです。

[PR] 多言語対応ホームページ制作

マックとウィンドウズみたいな関係?

私のdrupal推しは個人的な好みと取られがちですが、マックとウィンドウズみたいな関係です。どちらも優れているし、代替可能です。しかし「好みの問題」と書いた瞬間、話が終わってしまうので、ここは強く、「Macじゃなきゃ仕事しませんから!」くらいの勢いで、「drupalで!」と主張しておきたいと思います。違いは後述します。

CMSにも色々ある

単純に個人的なブログサイトを作りたい場合、「WordPress」のようなブログ専用のプラットフォームや「Blogger」のようなオンラインブログソリューションが最適かもしれません。Drupalも優れたブログプラットフォームを提供しますが、ブログ専用のソフトなら、技術的な管理が少なくカスタマイズおよびブログ投稿がより簡単にできるでしょう。(NTTデータ先端技術株式会社 Drupal翻訳サイトより) http://www.intellilink.co.jp/drupal-translation/node346217.html

CMSにも色々あります。Wikiを立ち上げるならMediaWiki、フォーラム(掲示板)ならSimpleMachinesかphpBBという名前もあがっていますね。DrupalでもWikiやフォーラムを構築可能ですから選択肢に入ります。

例えばECサイトの場合、国内ならEC-CUBEあたりが人気です。DrupalでもECサイトは構築可能です。海外向けのいわゆる「越境EC」サイトなら、drupalが有力な選択肢になるでしょう。EC-CUBEは多言語サイト(1サイトで多言語を一括管理)はできませんので。

[PR] 多言語対応ホームページ制作

明らかに違う

Wordpressとは明らかに畑が違う感じはします。Wordpressが個人のブログや比較的小規模なサイト制作で使われているのに対し、drupalは政府官公庁や大企業のグローバルサイトなど、よりミッションクリティカルなサイトの構築・運用に実績が豊富という違いがあります。NTTデータがDrupalの翻訳サイトを立ち上げているのも、同社は官公庁が顧客だからです。

セキュリティの高さも違います。例えばdrupalはアメリカのホワイトハウスやNASAなどミッションクリティカルなサイトを手がけてきているわけで、それだけ脅威に晒され、試練に耐えて来ているわけで、極めて堅牢なセキュリティを誇っています。セキュリティの高さはアメリカのお墨付きと言っても良いでしょう。

[PR] 多言語対応ホームページ制作

世界中で使われている国際派CMS

さて私がWEB制作のベースシステムとして、drupalを選ぶ理由は、drupalが100以上の言語に翻訳され、世界中で使われているからです。

翻訳データのダウンロードページ(参考):
https://localize.drupal.org/download?project=drupal

また、コンテンツの翻訳機能も優れていて、マルチリンガルサイト(多言語サイト)の構築・運用に強みがあります。高度なワークフロー設定の機能も備えており、翻訳者(協力会社)の翻訳→社内の承認→WEB公開といった運用も可能です。CMS上で翻訳アウトソーシングの管理までできてしまうのです。名だたる企業のグローバルサイトで採用されている理由です。

drupalの特徴をまとめると下記の通りです。

  • 世界中の言語に対応
  • マルチリンガルサイト(多言語サイト)の構築・運用に強み
  • 拡張モジュールが豊富にあり機能追加できる
  • テーマが豊富にありデザインもカスタマイズできる
  • ユーザーのロール・権限管理機能がある
  • ワークフロー管理ができる
  • フォーラム、コミュニティ、ECサイトなどあらゆるサイト構築が可能

[PR] 多言語対応ホームページ制作

最後に、貴殿のWEBサイトの目的は何ですか?

私が想定している目的(想定顧客の目的)は「グローバル・マーケティング」です。

そしてグローバルマーケティングのツールとしてdrupalほど優れたCMSは他にないと思います。

キーワード: 

クラウドソーシング「ランサーズ」