中国SEOに断然有利!中国のレンタルサーバー

ユーザー QWZ_13 の写真

近年、中国観光客が増えるに連れ、インバウンド用に訪日外国人向けのサイトを用意する会社も増加しています。

しかし、日本国内にサーバーがあると中国からはつながりにくいことが多いです。せっかく中国語のサイトを作ってPRしても、中国国内で快適に見れないのでは、あまり意味がありません。中国はインターネット事情が特殊ですので、配慮が必要なことがあります。

中国のレンタルサーバーを使うメリット

サーバーが中国国外にあると表示速度が遅いです。中国国内はインターネットが規制されており、海外のサイトにアクセスしにくい状況にあります。またサイトの内容によってはIP遮断されてまったく見れない場合もあります。一方、中国国内のレンタルサーバーは、中国当局の監視下にあるため、表示速度が早く、ユーザービリティ的にも、SEO対策的にも格段に有利です。

中国のレンタルサーバー選びのポイント

どのレンタルサーバーを借りると中国国内で快適にアクセスできるのか?

この問題について、判断要素として考えられるのは、主に

  1. データセンターの場所
  2. 費用
  3. コストパフォーマンス
  4. 口コミ

だと考えられます。

1.データセンターの場所

日本国内にて中国市場向けのサーバーを設置した場合は、接続遅延やパケットロスが発生し、中国国内からサイトを閲覧できないケースもあり、中国国内のサイト閲覧者向けに効果的なウェブプロモーションを行うためには、中国国内にサーバーを設置することが重要となります。

一般的に、ネット環境、より先進的な技術を持つので、上海や、北京にデータセンターを置くレンタルサーバー会社がオススメです。記事末に掲載の主要レンタルサーバーのデータセンターは基本的に大都市圏にあります。

2.費用

たとえば、ここで「中国万网」を例にして、費用を算出してみます。

https://cn.aliyun.com/product/ecs?utm_medium=text&utm_source=bdbrandww&utm_campaign=bdbrand&utm_content=se_103069

の「立即购买」(購入する)ボタンを押し、

次のページで選択した項目に応じて、費用を算出してくれます。

3.コストパフォーマンス

筆者が百度知道などを通じて調べた結果そして、業界において、中小型サイトにとっては、「易迈云」が一番コストパフォーマンスが良いと言われています。

「腾讯云」:大企業をターゲットにしているため、機能としてシンプルであり、値段が高いのが特徴だと認識されていますので、中小型のサイトにあまりふさわしくないと考えられます。逆に、p動画やゲームをメインにするサイトに適切です

4.口コミ

たとえば、口コミでは、「阿里云」:値段も高いですし、操作画面がわかりにくいとも言われています。そして、オンラインのチャットCSはロボットであり、人工的CSにつながりにくいため、アフターサービスがあまり良くないと言われています。

中国のレンタルサーバーサービスを提供する有名な企業は下記の通りです。

中国の主力レンタルサーバー

サービス名 読み コメント
阿里云 aliyun Alibaba Cloud(Alibabaグループ開発)
腾讯云 tengxunyun

Tencent Cloud(Tencentグループ開発)

京东云 jingdongyun JingDong Cloud(Jingdongグループ開発)
新浪云 xinlangyun XinLang Cloud(Xinliang グループ開発WEIBOは中国において最大のSNS)
中国万网 zhangguowanwang

1996年成立、長年に渡ってレンタルサーバーサービスを提供している

中国讯网 zhonggwoxunwang

2008年成立、韓国、香港、国外国内で多彩なサービスを提供

中国数据 zhongguoshuju ドメイン登録が強み
易迈云 yimaiyun コストパフォーマンスに関する口コミが良い

クラウドソーシング「ランサーズ」